父と娘

 

羽織ってきた上着をその辺にポ~ンと脱ぎ捨ててレッスンを受けていた4年生。

 

レッスンが終わって全く気付かず出て行こうとする生徒に

 

「あ~、先生はこれからあることが起きると想像している。」

 

生徒「あること?」

 

 

「あなたがよくやる あ る こ と 」

 

 

ビクッ! っと振り向き上着に気づく女子

 

 

「忘れん坊なんだから、最初からああいう場所に置かなきゃいいんだよ~。」

 

 

 

 

そのやりとりを見ていたお父さんは、ここぞと

 

「さっき車で言われたことと一緒だよな。日常のことは外でも出るんだ。」

 

と、父に叱られながらドアをでていく生徒

 

 

わたしは部屋に戻り、しばらくすると…

 

 

ガチャっ(待合室のドアの開く音)  ドタドタ

 

 

 

「どうしました?」

 

 

 

父「手帳忘れました…。」

 

 

 

お と う さ ん …

 

 

 

いい、オチでした(笑)